2010/06/30

シルクオールディー、じっくり調整中


(2010-06-28)
北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分と、常歩に
じっくり時間をかけた後、屋内ダートコースでダク1,200m、キャンターで2,400mの
調教をつけられています。牧場長は「前回送り出した時と比べて、馬は随分良く
なりました。屋内中心にじっくりの調整ですが、競馬を使ってきた馬ですし、速い
所をやり出せば、きっちりと仕上がると思います」と話しています。


今のところ、あまり速い時計は出さず、じっくりと乗り込みが進め
られているようです。リフレッシュと北海道シリーズ後半での出走
に向けた調整が目的ですので、このペースでしっかり進めていって
ほしいですね。



2010/06/29

パームアイランド、体力強化につとめる


(2010-06-28)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整
です。先週は坂路中心に20秒程度の調教を付けられており、牧場長は「調教に
関しては順調ですが、これから良くなるタイプですし、しっかり体力を付ける意味
でも、無理せずじっくり進めていきます」と話しています。


まだあまりペースを上げず、長目をじっくり乗り込んでいます。
ここまでのところ、一旦休養した反動は見られないようなので、
今後も慎重に進めて欲しいですね。



2010/06/24

レッドシャンデル、近々移動を予定


10.06.22 

近々、瀬口レーシングステーブルを経由してグリーンウッドに移動予定となりました。



予想していたよりも、かなり早めの移動になりそうです。
千葉の瀬口レーシングステーブルで一息入れて滋賀のグリーンウッドへ、という予定です。
グリーンウッドでどの程度時間をかけるのかわかりませんが、このペースだと小倉デビューがあるかも知れませんね。
個人的には、この馬はもう少し社台の深いダートで乗り込んで、少しずつ絞っていくと同時に基礎体力をつけた方が良いのでは、と思っていたのですが…

2010/06/23

シルクオールディー、次走は2回函館後半を目標


(2010-06-21)
北海道・フロンティアスタッドで調整中です。ウォーキングマシン60分と、常歩に
じっくり時間をかけた後、屋内ダートコースでダク1,200m、キャンターで2,400mの
調教をつけられています。牧場長は「調教師から『2回函館後半の芝の長い所を目標
にしているので、そのつもりで進めて行って欲しい』と指示を受けています。屋内
中心に疲れを抜きながら調整していますが、様子を見て坂路も併用していきたいと
思います」と話しています。


早くも次のレースの予定が出されました。
2回函館後半の芝の長いところとなると、8月8日に組まれている
芝2600m戦でしょうか。
北海道シリーズで長距離を2回勝って、秋には菊戦線に名乗りを
あげられることを期待したいですね。


2010/06/22

パームアイランド、元気一杯


(2010-06-21)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の調整
です。先週は坂路中心に22秒程度の調教を付けられており、牧場長は「ペース的
にはこれからですが、まずまずの調教をこなしています。馬も元気一杯ですし、
良い雰囲気ですよ。今の感じで乗り込んで、力を付けていければと思います」と
話しています。


徐々に坂路での調教ペースを戻してきています。
とは言え、22秒程度の時計ですので、まだ当面時間はかかりそう。
馬自身は元気一杯とのことなので、このまま順調にペースを上げて
いってほしいものです。


2010/06/20

シルクオールディー、緩めず乗り込む


(2010-06-14)
予定通り10日に北海道・フロンティアスタッドへ移動となると、到着後は休み無く
調教を再開しており、ウォーキングマシン60分、常歩にじっくり時間を掛けた後、
屋内ダートコースで軽めの調教をつけられています。
牧場長は「無事に到着しました。調教師からは『緩めないで乗って欲しい』という
指示がありましたので、早速乗り出しています」と話しています。


無事、北海道のフロンティアスタッドに到着したようです。
緩めず乗り込むとのことなので、比較的早めの復帰を考えているの
かも知れません。
とは言え、厩舎とは異なる環境ですので、精神面のリフレッシュには
つながるはず。良い休養になることを期待します。


2010/06/17

パームアイランド、坂路調教再開


(2010-06-14)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとキャンターで坂路2本の
調整です。先週は坂路中心に軽いキャンターの調教を付けられており、牧場長は
「脚元も変わりないので、先週から坂路にも入れて調教を進めています。動き自体
も悪くないし、ハリの効果でしょうか、馬もピリッとしてきた印象を受けます。この
調子で進めていければと思います」と話しています。


無事坂路調教を再開できるところまできました。
ハリの効果もでているようですし、結果的にちょうど良いタイミング
での休養になったのではないでしょうか?
夏はこのまま天栄で調教を積み、秋競馬から頑張って欲しいですね。




2010/06/16

レッドシェリフ、坂路2本に調教強化


10.06.14 

(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線坂路2000m(ハロン17秒)。馬体重489キロ。
長浜氏「この中間から直線坂路を2本に増やしてガンガン鍛えています。以前は

おっとりしたところがありましたが、併せ馬では負けん気の強さを見せるようになっています。男馬だし、速いところをやれば変わってきますね。まだ具体的な移動プランは立っていませんが、厩舎の方では移動も検討しているようなので、いつ声が掛かってもいいように遠慮なく進めていきます」



時計、本数の両面で調教が強化されています。それに伴い負けん気の強さも見せるようになってきたというのはいいですね。

始動は秋になるかと思っていましたが、厩舎では移動も検討しているとのこと。個人的にはもうしばらく社台の深いダートでみっちり基礎強化に努めてほしいと思うのですが…




2010/06/15

レッドシャンデル、集中した走りをみせる


10.06.14 

(ファンタストクラブ)
マシン運動30分、常歩4000m、キャンター2000m、坂路(ハロン15~20秒)。
米田氏「昆先生からは札幌で下ろす予定と伺っていますので、そこに合わせる形で、
坂路の半マイルから15-15を中心に乗り込んでいます。変にテンションも上がらず、
それでいて走りには集中してヤル気も見せています。こちらに来た当初からすれば
大きな成長ですよね。体はまだコロンと見せますが、これは今後のことを考えて、
ある程度余裕をもたせた作りにしているからです。うちでは落ち着いていても繊細な
牝馬のこと、環境が変わってから馬体減の心配はありますからね。その点でいえば、
デビューが滞在競馬の札幌というのも良いと思います」


15-15ペースでの乗り込みが進められています。気性面、馬体とも
どんどん成長を見せていますし、これまでのところは文句なし。

雑誌の記事では秋デビューとの情報もありましたが、やはり北海道
デビューが目標になりそうです。札幌開催の前半か後半かはまだ
わかりませんが、このまま入厩まで順調に進むことを期待するのみ
です。

    (Copyright@ファンタストクラブ)


2010/06/13

過去のシルク出資馬(8) シルクホーネット(4)


シルクホーネット、3歳時の写真です。
調整に手間取り、デビューにこぎつけたのは3歳の7月。
中央で3戦しましたが結果を残せず、兵庫の園田競馬へ
移籍となりました。
園田では一時期3連勝を飾るなど健闘し、19戦4勝、2着
3回、3着2回という成績で、2009年7月のレースを最後に
引退しました。


(2008/07/20 新潟3歳未勝利15着)

(2008/08/23 新潟3歳未勝利11着)

(2008/09/14 中山3歳未勝利6着)
               (Copyright@Silk House Club)

(2008-01-03 園田C6-1 1着)

  (Copyright@園田競馬写真館「ここがゴール」)

園田競馬での写真は、website『園田競馬写真館「ここがゴール』で
掲載されていたものを使用させていただきました。園田のダートを
力強く駆けている姿が印象的です。
sonohimeさん、ありがとうございました。



2010/06/10

シルクオールディー、予定通り放牧へ


(2010-06-07)
先週2着でした。スタートで出負けしたこともあり、道中は9番手から
の競馬になると、勝負処で気合を付け、最後の末脚に懸けました。
そして直線では、メンバー中最速の上がりを繰り出すと、勝ち馬を
捕える事は出来なかったものの、接線となった2着争いをクビ差制して
います。
レース後、特に不安は無い様ですが、一旦放牧に出す事になり、10日に
北海道・フロンティアスタッドへ移動する予定です。


予定通り放牧に出ました。
フロンティアに出されるようなので、1ヶ月程度ゆっくり
させて、北海道シリーズの後半戦で復帰という予定に
なるのでしょうか。
まずはしっかり連戦の疲れを取ってあげて欲しいですね。





2010/06/08

パームアイランド、軽めの調整を進める


(2010-06-08)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング1,500mの
調整です。ミニトラック中心に軽めの調整を行っており、牧場長は
「多少歩様はゴツゴツしていますが、ダクをじっくり乗ると解れてくる
ので、特に支障無く進めています。ソエも固まって問題無いですし、
今週は馬場にも出してみたいと思います」と話しています。


歩様に注意しながら、慎重に調整が進められています。
今のところ順調に回復しているようですので一安心。



2010/06/07

シルクオールディー、レース後コメント


四位騎手「ゲートの中でもポカーンとしていて気持ちが走る方に向いて
いなかったね。最後の脚があるだけに、もう少し流れに乗れる様に
なれば良いんだけど」

昆 師「あれだけの脚を使えるんだから、もう少し気が走る方に向いて
くれれば良いのにね。勝って休ませたかったところだけど、予定通り
ここで北海道に出して一息入れます」

やはり道中はあまり真剣に走っていなかったようです。
この気性を改善するためには、やはりレースを積んで
いくしかなさそうですね。

予定通り、ここで一息入れるとのこと。
北海道に出すとのことなので、夏の北海道シリーズの
後半ぐらいで復帰することになるのでしょうか?


(Copyright@Silk Horse Club)



2010/06/06

シルクオールディー、レース結果





昇級初戦でしたが、2着と健闘してくれました。
3コーナー手前から四位JKがずっと押っつけていたので、
どうなることやらと心配しましたが、最後はメンバー
最速の上がりで3/4馬身まで詰めてきました。惜しい!

勝負所で動けないという弱点が再度露呈しましたが、
一方このクラスでも十分通用することが確認できたのは
収穫です。
この後は予定通り一旦休養でしょうか?


video



2010/06/05

過去のシルク出資馬(8) シルクホーネット(3)


シルクホーネット、2 歳後半時の写真です。
結局、2歳時には出走できず。シルクで何頭か募集された
カッティングウェイの仔はどれも見栄えがするのですが、
なかなか仕上げるのが難しかったようです。


(2007-08)

(2007-09)

(2007-10)

(2007-11)

(2007-12)
(Copyright@Silk Horse Club)





2010/06/04

シルクオールディー、出走情報


京都11R かきつばた賞(混) (芝2,400m)
11頭 56kg 四位     発走16:10
前走快勝の反動なども見られない事から、検討の結果、中1週での出走
を決めており、調教師は「京都なら四位騎手が乗れるし、中1週で輸送
は可哀想なので、こちらで使うことにしました。追い切りは古馬と
併せてやりましたが、最後まで馬なりで上がってきていた様に、文句
ない動きでした。前走でも抜け出してから止めるところがあったし、
まだ本気で走っていない部分がありますね。使いつつ競馬も上手く
なっているし、今回の競馬が今後につながってくると思うよ。ここを
勝てれば、秋が楽しみになってくるから、頑張って欲しいですね」と
話しています。


11頭と頭数も手頃、そして外回りコースと条件的には
適したレースだと思います。抜けて強そうな馬もいない
ですし、昇級初戦ではありますが、チャンスがあるのでは
ないでしょうか。楽しみです。



2010/06/03

シルクオールディー、調教時計


(2010-06-02)
四 位2CW良 82.2- 65.7- 51.0- 37.5- 12.5 末強目余力
ハーリカ(古1000万)一杯の内を0.6秒追走クビ先着


今回手綱が戻る四位Jを鞍上に追い切りをかけました。
コンスタントに使ってきているので、この程度の調教で
十分でしょう。
末を伸ばしたラスト3ハロンは良いタイムだと思います。
引き続き調子は良さそうですね。



2010/06/02

シルクオールディー、今週末かきつばた賞出走へ


(2010-05-31)
レース後も順調で、軽めの運動の調整です。調教師は「抜け出してから
フッと止めようとしていたらしく、最後まで見せ鞭して気合いを付けて
乗っていたようだし、まだまだ気の若いところを出していたみたいだね。
まだ本気で走っていないと思うし、これからもっと良くなってくる馬
だと思うので、秋が楽しみだね。使った後も変わりないので、今週
使って秋に備えようと思います」と話しており、今週日曜日の京都・
かきつばた賞に出走を予定しています。


今週末の京都、かきつばた賞に出走するようです。
秋の飛躍に向けて、京都で長目のレースにチャレンジする
のは良いかもしれません。
昇級初戦でどこまでやれるか楽しみです。この後は夏休み
をもらえるようなので、是非頑張って欲しいですね。



2010/06/01

パームアイランド、騎乗再開


(2010-05-31)
天栄ホースパークで乗り運動の調整です。マシンの運動を行いながら、
ササ針治療後の経過を確認すると、先週から騎乗を再開しています。
牧場長は「跨った感じも悪くないし、歩様も大丈夫そうですね。ハリ
明けですから、あまり無理はしませんが、この感じで少しずつ進めて
いければと思います」と話しています。


無事調教を再開したようです。
反動が出ないよう、慎重にペースを上げていってもらい
たいですね。