2010/05/29

過去のシルク出資馬(8) シルクホーネット(2)


シルクホーネット、2歳前半の写真です。
見栄えのする栗毛の好馬体で、同じくフォーティナイナー
を父に持つユートピアのように、ダート戦線で頑張って
くれるのでは、と期待していたのですが…


(2007-01)

(2007-03)

(2007-05)

(2007-06)

(2007-07)
(Copyright@Silk House Club)




2010/05/28

レッドシェリフ、シャープさを出すことが課題


10.05.28 

(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、

直線坂路(ダート)1000m(ハロン18秒)。馬体重477キロ。
長浜氏「絞れてきましたが、まだ重い感じが残っているので、緩めず乗り込んでシャープさを出していくことが今後の課題。ハロン18秒でも結構な負荷が掛かっているし、しっかり乗れているのはいいと思います。牡馬としては大人しいタイプで、今のところ何の問題もなく調教に取り組んでいます」



馬体重だけみると480kgを切ってきたので、少しずつ
ですが絞れてはきているようです。
まだまだ時間をかけてじっくり乗り込みながら、基礎
体力のアップに努めてもらいたいですね。この馬は、
夏場を超えてどのように変わってくるのかが楽しみです。


(Copyright@TOKYO THOROUGHBRED CLUB)





2010/05/27

レッドシャンデル、併せ馬で良い動き


10.05.28 

(ファンタストクラブ)
マシン運動30分、常歩4000m、ハッキング800m、キャンター2000m、坂路(ハロン15~20秒)。
米田氏「最近、落ち着きすぎていたのが気になっていたので、先週、今週と半マイルから15-15で併せ馬を敢行しました。特に3頭併せの真ん中に入れた先週は、

今までの気の抜けた面も出さず、ものすごく良い動きでしたよ。燃えてはいましたが、燃えすぎるところもなくちょうど良い塩梅。以前のように尻尾を振りまわすようなこともありませんし、やはり体の成長に伴って苦しいところが抜けてきたのでしょうね。今も成長中ですが、この感じなら今後が本当に楽しみになってきましたよ」



調教では相変わらず良い動きを見せているようです。
課題だった気性面の成長も見られるので、非常に良い方向
で育成が進んでいるのではないでしょうか?

アップされていた最新の写真では、馬体の張りの良さが
確認できます。形が大きく崩れることもなく成長してきて
いますし、これで更にトモに筋肉がつけばいいですね。

(Copyright@TOKYO THOROUGHBRED CLUB)



2010/05/26

シルクオールディー、次走は特別戦を予定


(2010-05-24)
先週優勝しました。道中は6番手でレースを進めると、向正面から早め
に押し上げ、先団3頭が並んで4コーナーを回りました。そして直線
では早々に先頭に立ち、そのまま逃げ込み態勢に入ると、余裕で後続の
追撃も抑え、人気に応えて鮮やかな勝利を飾っています。レース後、
特に不安は無い様で、次走については今のところ、京都3週目・
かきつばた賞か、東京4週目・くちなし賞を予定しています。


未勝利戦を勝ったことだし、一旦休養に入れるのかと
思いましたが、引き続き500万下クラスへ挑戦させるよう
です。
かきつばた賞もくちなし賞も初勝利と同じ2400m戦です
ので、これぐらいの距離が適していると昆調教師は判断
されているのでしょうか。


2010/05/25

パームアイランド、ササ針の効果はあった


(2010-05-24)
天栄ホースパークで調整中です。パドック放牧に留めて、ササ針治療後
の経過を確認すると、先週末からマシンの運動を始めています。牧場長
は「ハリの効果はあったようですね。歩様も良化傾向にありますし、
ソエもそれ程気にならないので、もう少し様子を見たら、一度跨って
状態を確認してみます」と話しています。


ササ針後の経過は順調なようです。
歩様も良くなってきているようですし一安心です。
この休養が今後の更なる成長につながることを期待したいですね。



2010/05/24

シルクオールディー、レース後コメント


シルクオールディー/新潟2R 3歳未勝利   
[芝2,400m・16頭]優勝[1人気]

     単 勝 16     250円
     複 勝 16     130円
     枠 連 6-8    630円
     馬 連 11-16    750円
     馬 単 16-11   1,260円
     ワイド 11-16    330円
         15-16    410円
     3連複 11-15-16 1,890円
     3連単 16-11-15 6,530円

柴原騎手「一回乗って、馬の感じがわかっていましたから、今日は早め
早めの競馬をしました。抜け出してからもしっかり走っていたし、
やはり走る馬ですね。それに、競馬に行ってテンションが上がらない
のが良いですね」

昆師「だいぶ競馬を覚えてきたんじゃないかな。それでもゴール前で
物見しているようにまだまだ子供なんだよ。とにかく、これから良く
なってくる馬で晩生型だろうね。古馬になって良くなるんじゃない
かな」


やはり柴原騎手は意図的に早めに仕掛けたようですね。
力関係を考えても正しい騎乗だったと思います。

昆調教師のコメントからは、今後まだまだ成長が期待
できそうです。
父マンハッタンカフェのように、夏場を超えて一皮
むけるといいですね。





(Copyright@Silk House Club)


2010/05/23

シルクオールディー、レース結果


見事1番人気に応えて初勝利をあげてくれました。
これまでのレースとは異なり、道中は好位につけ、4コーナーでは
既に先頭に並びかける展開。上がりもメンバー最速の35.2で
まとめて完勝、というレースでした。

なお、この3歳未勝利戦における1着分配金は1口「7,858円」でした。





2010/05/22

シルクオールディー、出走情報


2010/05/23 新潟2R 3歳未勝利 (芝2,400m)
16頭 56kg 柴原 発走10:15

惜しい競馬が続いていますが、中間も変わりなく好調をキープして
おり、調教師は「勝負処でどうしてもモタつくところがあるので、直線
の長い馬場の方が合っていると思うけど、想定を見る限りメンバーも
手薄なので、ここを使うことにしました。追い切りは古馬と併せて
やりましたが、古馬を煽る動きをしていたぐらいだし、追い切りだけ
見ると十分勝ち負け出来ると思うんだけどね」と話しています。


ここは是非とも勝ちたいレースですね。
昆調教師もコメントされている通り、メンバーも非常に
手薄(前走2着のパワーブレイズはいますが、これは展開
のアヤでしょう)ですし、柴原騎手がきちんと乗れば
勝てるはず。内回りですし、自信を持って自ら仕掛けて
いく積極的な騎乗を希望します。

ちなみに今回は大外16番。ついにデビューから4線連続
馬番3番という珍記録は途絶えてしまいました…
後ろからいくことになるので、外枠は良いでしょう。




2010/05/21

シルクオールディー、調教時計


助 手19CW良 81.0- 65.2- 50.5- 37.0- 12.4 馬なり余力
アルカザン(古1000万)叩一杯の内に先行3F付0.1秒先着

今週末の出走に向けた追い切りです。
馬なりで5ハロン81.0、上がり12.4でまとめているので、
引き続き調子は良いのだと思います。
並走相手のアルカザンも今週末の出走を予定しており、
こちらもしっかりと追い切っているはずなので、これに
先着できたのはいいですね。



2010/05/19

シルクオールディー、予定通り今週末出走


(2010-05-17)
坂路コースでキャンターの調整で、16日に時計を出しています。
調教師は「今週使う予定で進めています。新潟芝2,400mなら頭数も
少なくなると思うけど、脚質的には外回りの芝1,800mを使いたいところ
です。反応が鈍い分、直線の長いコースの方が少しでもカバー出来ると
思いますが、京都も含めて直前の想定を見ながら、相手関係も考慮して
番組を決めます」と話しており、今週の京都か新潟で出走を予定して
います。


予定通り、今週末の出走になりそうです。
レースは想定を睨みながらギリギリに決めることに
なりそうですが、確実に勝ちたいところなので、
相手関係、そして脚質を考慮してベストのレースを
選んで欲しいですね。
あまりスタートは良くないものの、末脚はしっかり
しているので、2400mでも大丈夫でしょう。





2010/05/18

パームアイランド、ササ針で一息入れる


(2010-05-17)
天栄ホースパークで本馬場中心に乗り込みを進めていましたが、立て
直しを図る目的で、先週始めにササ針を施しています。治療後は
パドック放牧に留めて経過を確認しており、牧場長は「ハリ明けで
ひと息入りますが、かなりの量を乗り込んできましたし、これで
リフレッシュして良くなってくると思います。今週から運動程度は
始めるつもりです」と話しています。


先週のレポートにあった通り、ササ針をして一息入れることになったようです。
この休養が良い方向に出ると期待したいですね。しっかりリフレッシュさせて
調教を再開して欲しいと思います。


2010/05/17

シルクオールディー、調教時計


シルクオールディー/助 手16栗坂良    
59.5- 43.5- 28.9- 14.5 馬なり余力

今週末の出走に向けて、軽く時計を出したようです。
水曜日の本追い切りに注目です。





2010/05/16

レッドシェリフ、まだまだじっくり


10.05.14 

(社台ファーム)
マシン運動120分、常歩3000m、ダク1200m、キャンター1200m、

直線坂路(ダート)1000m(ハロン18秒)。
長浜氏「この馬も順調に直線ダートでハロン18秒のところを乗っています。変わりなく順調ですね。この中間の変化といえば、以前より終いの踏ん張りが利くようになってきたことですね。まだテンの軽さは物足りませんが、これも以前よりは良くなっています。顕著な変化はなくても、乗った分だけ良化を見せているし、これからもシッカリ鍛えこんでいきます」



引き続き、社台の深いダートでじっくりと乗り込みが
進められています。
まだまだペースはそれほどでもありませんが、乗り込みの
効果はきちんと出てきているようなので、今後も少しずつ
ペースをあげながら育成を進めて欲しいですね。
夏競馬からいくようなタイプではないので、ここで基礎
体力をしっかりと養って欲しいと思います。



2010/05/15

レッドシャンデル、秋のデビューを目指す


雑誌『サラブレ』6月号の2歳馬特集にて、ファンタスト
クラブの欄でレッドシャンデルが紹介されていました。
いつもの通り米田氏がコメントをされていましたので、
引用しておきます。

「成長力のある馬で、春先になってぐんぐんと良くなっています。牝馬特有の気性で少しピリッとしたところはありますが、柔らかいトビで
併せ馬でも常に動けるように、実戦タイプだと思います。秋のデビューを目指します」

東京TCのHPでは出ていなかった、秋デビューを目指すと
いうコメントが見られます。
夏場は北海道が主戦の昆厩舎だけに、北海道開催の
後半ぐらいでデビューになる可能性もあるかと思って
いましたが、じっくり育成していく方向のようですね。

レッドシェリフはもともと早期デビュータイプでは
ありませんし、パームアイランドもソエで一息入れる
ことになりそうですから、どうやら今年は夏競馬から
始動する愛馬はなさそうです。



2010/05/14

レッドシャンデル、まだまだ成長中


10.05.14 

(ファンタストクラブ)
マシン運動30分、常歩4000m、ハッキング800m、キャンター2000m、坂路(ハロン15~20秒)。

米田氏「最近は落ち着きすぎるくらい落ち着いているんですよ。まだ真の力が付ききっていないので、気が張っている時と気の抜けた時の走りに差があって、そういう意味ではもう少しピリッとしたところが出てきてほしいですね。そういう面があるので、15-15の時は併せ馬で走らせています。ただ、もともと気性面で苦労していた馬なので、さらにペースを上げていけば自然とピリッとしてくると思いますけどね。460キロくらいの時はもっとカリカリしていたので、今の480キロという体は若干丸いのかもしれません。それでも、トモの感じはシッカリしてきたし、さらに体高が1センチ伸びて、まだまだ成長している感じですよ」


さらにキコウが1cm伸び、馬体重も480kgまで増えている
とのこと。まだまだ成長期まっただ中という感じですね。
成長を妨げないよう、うまく調教を積んでいければよいの
ですが。

落ち着きが出てきているのは良い傾向ですね。
もともと気性面に多少の不安を抱える馬だけに、ピリッと
した部分は、今後調教を進めて行く中できっとでてくる
でしょう。


(Copyright@TOKYO THOROUGHBRED CLUB)


2010/05/13

過去のシルク出資馬(8) シルクホーネット(1)


シルク8頭目の出資馬はシルクホーネット。
父、フォーティナイナーの産駒が活躍を見せていたこと、
母がアメリカの名馬Skip Awayの近親ということで、
ダート中距離での活躍を期待しての出資でした。

シルクホーネット
父:フォーティナイナー、母:カッティングウェイ
母の父:Cuttlass (血統
2005年2月8日生、牡、堤牧場産
美浦、田中清隆厩舎 総額2500万円、1口5万円
戦績


以下、1歳時の写真です。

(2006-01)

(2006-02)

(2006-03)

(2006-04)

(2006-05)

(2006-06)

(2006-07)

(2006-08)

(2006-09)
(Copyright@Silk House Club)



2010/05/12

シルクオールディー、使って行けば反応は良くなる


(2010-05-10)
レース後も順調で、角馬場でキャンターの調整です。調教師は「まだ
実戦経験が浅いせいか、勝負処でモタついてしまっているね。それでも
終いは確実に来ている様に、すぐ勝ち負け出来る力を持っているし、
使って行けばもう少し反応も良くなってくると思います。使った後も
変わりないけど、中1週での競馬が続いたので、次は中2週で来週の
新潟に連れて行こうと思います」と話しています。


予定通り来週の新潟で出走になりそうです。
使って行けば反応が良くなるというコメントは毎回レース後にでているので、次走こそは勝負処でもたつかない競馬になることを期待したいですね。
すぐ勝ち負けできる力があるとは言え、だんだん未勝利戦も終わりが見えてきているので、そろそろ決めてもらいたいところです。


2010/05/11

パームアイランド、歩様が気になる


(2010-05-10)
天栄ホースパークでウォーキングとダクで5,000mとハッキング2,000mの
調整です。本馬場中心に軽めの調整を行っており、牧場長は「調教を
軽めにして様子を見ていますが、まだ歩様が気になりますし、両前に
少しソエが出掛かっているので、その辺りの影響もあると思います。
一度ササ針して、ひと息入れることも考えています」と話しています。


少々疲れがでてきたのでしょうか?
成長期でもあるでしょうし、一度ペースを落としてここで
しっかり態勢を整えた方が良いかもしれませんね。
この状態が長引かないことを期待します。


video
(Copyright@Silk Horse Club)



2010/05/10

過去のシルク出資馬(7) シルククローチェ (7)


シルククローチェ、5歳から6歳にかけての写真です。
4歳11月のレース後、再度脚部不安を発し、1年以上に渡る
休養に入りました。
復帰を目指したものの、常に脚元の不安がつきまとい、
結局中央での出走は果たせず、福山競馬へ移籍しました。
福山で4戦したものの結果は残せず引退となりました

(2008-01)
(2008-04)

(2008-06)

(2008-07)
(2008-11)

(2008-12)

(2009-01)
(2009-02)

(2009-03)
(Copyright@Silk House Club)



2010/05/09

過去のシルク出資馬(7) シルククローチェ (6)


シルククローチェ、4歳時の写真です。
3歳10月の500万クラス出走後、脚元の不安があり、
復帰に1年近く要してしまいました。
この脚元の問題もあり、残念ながら500万クラスで完全に
頭打ち状態。11月の3歳500万下が中央での最後の競馬に
なってしまいました。

(2007-06)
(2007-10)
(2007-10-08 / 8戦目、東京3歳上500万下7着)

(2007-10-28 / 9戦目、福島3歳上500万下8着)
(2007-11-11 / 10戦目、東京3歳500万下10着)

(2007-11-25 / 11戦目、東京3歳500万下13着)
(Copyright@Silk House Club)




2010/05/05

シルクオールディー、次走は2週間後か?


(2010-05-03)
先週3着でした。前半は無理せず後方に控えてレースを進めると、
勝負処で徐々に押し上げ、8番手で4コーナーを回りました。そして
直線を向くと、馬群の間を割って懸命に追い上げましたが、前も
止まらない展開で、勝ち馬を捕える事は出来ませんでした。レース後、
特に不安は無い様で、次走については今のところ、新潟4週目を予定
しています。


次は新潟4週目を予定とのこと。まだ不器用なところの
あるこの馬にとっては、直線の長い新潟でとにかく未勝利
脱出を目指すのは正解だと思います。



2010/05/04

シルクオールディー、レース後コメント


シルクオールディー/新潟2R 3歳未勝利  
[芝2,200m・11頭]3着[1人気]

     複 勝 03      110円
     ワイド 03-06     190円
         03-11    3,970円
     3連複 03-06-11  9,880円
     3連単 06-11-03 130,910円

柴原騎手「四位騎手から聞いていた通り、ハミを全然取ってくれませんね。レース前も落ち着いていて良い感じだったし、最後も伸びているんですが。能力的には上のクラスでもやれる馬だと思うし、良い馬なのですが・・」

昆 師「どうしても勝負処で反応が悪いから、最後も届かないんだよね。それにまだ絞れる体つきだね」


予想されたこととは言え、今回は騎手交代が悪い方向に
出たような気がします。
四位JKから事前にハミのことを聞いていたにも関わらず、
それに対する工夫がなかったのではないでしょうか?

最後は伸びることがわかっているのだから、少し早めに
追い出すぐらいの騎乗をしても良かったと思います。
次はしっかり追える騎手(昆厩舎だと藤田JKか?)で
臨んで欲しいですね。



(Copyright@Silk House Club)