2011/06/25

レッドロブレス、ゲートは問題なさそう


11.06.23 

(古賀厩舎)
乗り運動後、北Cコースをダクとキャンターで1周半乗った後、ゲート練習。
古賀調教師「暑くなって来たせいか、少し大人しくなっていましたが、今日は昨日より涼しくなったので、少しずつ元気が出て来ました。北海道に比べるとどうしてもこちらは暑いのでバテも出て来ますが、その点はしっかりケアして行きたいと思います。ゲートは2回出しましたが、2度目は普通に出たので良かったです。入りと駐立も問題ないですし、今日の感じなら大丈夫そうなので、明日、練習のつもりでゲート試験を受けることにしました」



まずはゲート試験合格を目標に調教が積まれているレッドロブレス。
まだトレセンで練習を始めて間もないですが、ゲートに関しては比較的
スムーズにいけそうな雰囲気です。
このまま早めにゲート試験をパスして、出走に向けた調整に移行できると
いいですね。


レッドシェリフ、体は良くなっている


11.06.24 

(橋口厩舎)
本日、栗東トレセン・橋口厩舎に入厩しました。今日は軽めに坂路1本。
橋口調教師「久々のせいか、イレ込んで全身にビッシリ汗を掻いていたよ。登坂時の勢いもすごく、騎乗者は抑えるのに一苦労だったようだ。骨片除去手術明けでも、休ませた分、体は良くなっているよ。今日の感じで、だいたい復帰戦のイメージがつかめたよ。じっくり乗り込みたいので、7月24日の京都・芝2000m辺りを目標に調整していこうと思います



橋口厩舎での調教を開始しました。
イレ込んでいたようですが、もともとおっとりしすぎるぐらいの馬、
時間が経てば問題ないでしょう。
むしろ多少ピリッとしたところが見られるぐらいの方が良いかも。

復帰戦の目標として、7月24日の京都芝2000mが挙げられています。
しっかりトレセンで乗り込み京都で一叩き、そして小倉で勝ち上がりを
目指す、という筋書きでしょうか。


レッドロブレス、良いフットワーク


11.06.22 (古賀厩舎)

乗り運動後、北400m角馬場でダクと軽いキャンターを10分くらい乗り、その後Cコースに出てキャンターで1周乗った後、ゲート練習。

古賀調教師「まだ入厩してから日は浅いのですが、軽いキャンターよりは普通のキャンターの時の方がスムーズに走りますし、フットワークも良いですね。ゲート練習でも前扉の開いた状態で2回通しましたが、恐がるところも見せずに落ち着いて通っていましたよ。その後、前扉を閉めて駐立もさせましたが、大人しいし、手開けで出しても慌てず、自分から出て行くところを見せていたので、この感じで行ければ早いうちにゲート試験も受けられるようになると思います。今のところ、馬場に入ってから少し頭を上下に振ってうるさいところは見せていますが、普段は大人しく、悪さもしないので、この感じで行ってくれれば良いですね」



無事、美浦の古賀厩舎に入厩しました。
初の長距離輸送も問題なくこなしたようで、まずは第一関門クリア。

軽い運動とゲート練習中心のメニューで調整が進められています。
今のところ、ゲートを怖がったりする様子を見せていないようですし、
出も悪くないようなので、このままゲート試験クリアまでいくことが
次の課題ですね。


2011/06/22

パームアイランド、内面を鍛える


(2011-06-20)
CWコースでキャンターの調整で、15日と18日に時計を出しています。調教師は
「喉の方は調教では特に気にする所もなく、中間は乗り込み量を増やして、内面を
鍛えています。体が絞れれば息遣いも良くなってくると思うので、しっかり乗り
込んで次走に備えようと思います」と話しています。


先週、今週と喉の具合に関するコメントが出ていますが、特に問題は
なさそうですね。体がまだ出来上がっていなかったために、息が
上がってしまったのが原因だったのかも知れません。

今は長めをじっくり乗り込んで体を絞ることに注力している様子。
CW長めというのは松田厩舎の王道ですから、しっかりと体を絞って
次走に向かって欲しいですね。


レッドシェリフ、橋口厩舎に帰厩


11.06.22 

(グリーンウッド→橋口厩舎)
明日、橋口厩舎に帰厩します。



橋口厩舎への帰厩が決まりました。
先週までの調教ペースだと、もうしばらくグリーンウッドで乗り込む
のかと思っていましたが、予想よりもかなり早い帰厩となりました。
「この馬を何とか勝たせたい」という橋口調教師の意思が感じられます。

しばらく栗東で乗り込むことになるでしょうから、復帰戦は7月末から
8月頭頃になるのでしょうか。




レッドシャンデル、初めての追い切り


11.06.22 

(函館競馬場)
乗り運動後、ウッドコースにて併せ馬で追い切る。
 函館W シャンデル 53.7-38.5-12.3
昆調教師「初めての追い切りにしては、まずまずの動きでしたよ。先週土曜の時点では飼い葉の食いが良くなかったのですが、その後の食いは安定しています。馬体重が490キロくらいあるからそう心配ないと思いますよ。今日は初めての追い切りで多少堪えるかもしれないけど、追い切り後の感じから問題ないでしょう。来週は四位騎手に乗ってもらい、ゲートから追い切る予定にしています。最終的には、来週の動きとメンバーを確認してからになりますが、問題ないようなら、7月3日の牝馬限定、ダート1000mに出走させようと考えています。動きがいま一つと感じれば、一週延します」



初めての追い切りが行われました。
短めの追い切りとは言え、ラスト1ハロンは12秒台前半で上がって
これているので、まずまずと言って良いのではないでしょうか?

デビュー戦の予定が7月3日と発表されました。
ダート戦を選んだのは意外でしたが、牝馬限定の短距離戦という点を
重視されたのでしょう。
来週の追い切りが注目ですね。




2011/06/21

シルクバーニッシュ、札幌開催を目標に


(2011-6-20)
北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動50分、角馬場でウォー
ミングアップした後、屋内トラックと坂路コースを併用して、キャンター3,500m
の調教をつけられています。牧場スタッフは「先週、領家先生が来場され、札幌
開催を目標にする事で再確認を行いました」と話しています。


札幌開催デビューという目標が具体的になってきたようです。
これからペースを上げて乗り込んでいってちょうど良い時期では
ないでしょうか。
このまま順調に進むことを期待しましょう。

(Copyright@Silk Horse Club)




2011/06/18

レッドシャンデル、ゲート試験合格!


11.06.17 

(函館競馬場)
本日、ゲート試験に合格しました。
昆調教師「牧場でしっかりやってもらっていたので、スタートは速い方ですね。この感じだと、短い距離の方が合っていそうかな。これから競馬に向けて乗り込んで行くと、ちょうど1回函館の4週目(7月9日、10日)辺りでの出走になりそうです」



この馬にとっての課題であったゲート試験に合格しました。
これで出走に向けた準備が進められるだけに一安心です。
スタートは速い方というコメントも好材料です。

函館4週目での出走となると、9日の第1レースで芝1200m戦が
組まれているので、このレースがとりあえずのデビュー目標に
なるのでしょうか。



2011/06/17

レッドシェリフ、坂路での調整を開始


11.06.17 

(グリーンウッド)
マシン運動60分、ダクとキャンター2500m(ハロン18~20秒)、600m坂路1本。担当スタッフ「坂路での調整を開始しました。ここまで乗ってきても膝の状態は安定しているので、状態を見ながら、近々15-15も始めようと考えています」



調整が一段階進み、坂路での乗り込みが始まりました。
脚元も安定しているようですし、このまま無事にペースアップして
いけることを願うのみです。




レッドシェリフ、坂路での調整を開始


11.06.17 

(グリーンウッド)
マシン運動60分、ダクとキャンター2500m(ハロン18~20秒)、600m坂路1本。担当スタッフ「坂路での調整を開始しました。ここまで乗ってきても膝の状態は安定しているので、状態を見ながら、近々15-15も始めようと考えています」



グリーンウッドでの調整も一段階進み、坂路での乗り込みが始まりました。
脚元も安定しているようですし、このまま無事にペースアップしていける
ことを願うのみです。




2011/06/15

パームアイランド、喉は気にならない


(2011-06-13)
レース後も順調で、角馬場でダクの調整です。調教師は「ダクで様子を見ています
が、今のところ特に変わりなく乗り込んでいます。喉の方も特に調教では気になる
所もなかったし、まだ体に余裕がある分、苦しい所が出てしまうのかもしれないね。
もう少し使ってみないことには何とも言えないので、調教でしっかり長目に乗って、
絞っていこうと思います」と話しています。


前走中に見られた喉が鳴る症状は、調教では特に気にならないとの
ことで一安心です。
これまではレースを使いながら仕上げていく、という方針でしたが、
今度はしっかり乗り込んでいくことになりそうですね。



レッドシャンデル、入厩後テンションがあがる


11.06.15 

(函館競馬場)
昆調教師「予定通り12日に函館に入厩しました。まだテンションが高く、飼い葉の食いはもうひとつ。それでも馬体重は490キロあるので、馬の状態を見ながら、ゲート練習を進めていくつもりです。今日は軽く馬場を一周乗って、ゲート練習をしました。イレ込んでいた割に、ゲート内での雰囲気は悪くありませんでした。まだスタートまでいかなかったので、出したら雰囲気は変わってくるかもしれませんが…。でも、半年以上、牧場で練習してきたので、その成果を見せて欲しいですね。この辺は、焦ってやってもダメなので、馬に合わせて進めていきます」



無事函館競馬場に入厩しています。
環境が変わってテンションが上がっているのは心配ですね。少しでも早く
落ち着きを取り戻してくれれば良いのですが。


2011/06/14

シルクバーニッシュ、反動が出ないように調整していく


(2011-06-13)
北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動50分、角馬場で
ウォーミングアップした後、屋内トラックと坂路コースを併用して、キャンター
3,500mの調教をつけられています。牧場スタッフは「坂路調教とトラックの長め
の調教を交互に行いながら強弱をつけています。今のところ順調ですし、反動が
出ない様に調整して行きます」と話しています。


引き続き順調に乗り込みが進められています。
坂路だけでなく、トラックで長めを乗って基礎体力を養うのは
この時期にしかできないことだけに、このまましっかり進めて
もらいたいですね。





レッドロブレス、入厩決定


11.06.14 

(下河辺牧場→古賀厩舎)
下河辺氏「今週16日(木)にこちらを出発することになりました。検疫の関係もあるでしょうが、おそらく翌17日には直接入厩の運びになるのではないでしょうか。移動が決まった時から、ペースを落としリラックスに努めています。ここまで何の問題もなく来た馬なので、移動後もスムーズに行けると思っています。楽しみにしています」



ここまでとても順調に育成が進んでいたレッドロブレスですが、
その順調さを示すように古賀厩舎への移動日が決まりました。
美浦への直接入厩なので、まずは長距離輸送を無事に乗り切って
もらいたいですね。



2011/06/12

レッドロブレス、良い筋肉がついてきた


古賀調教師が下河辺牧場を訪問した際の動画がUPされていました。
特にトーンの高いコメントがあった訳ではありませんが、「良い筋肉が
ついてきた」、「どっしりとした感じが出てきた」等の前向きな表現が
いくつか見られたので一安心です。

この馬は何と言ってもアクシデントなくここまで順調に調教が積めている
のが一番のポイント。今年は例年以上に有力馬の始動が早くなりそう
雰囲気があるので、有力馬の初戦が一段落した辺りでデビューを狙えれ
面白いのではないでしょうか。


video

レッドシェリフ、体を作りなおす


11.06.10 

(グリーンウッド)
マシン運動60分、ダクとキャンター2500m(ハロン18~20秒)。
担当スタッフ「膝の状態も問題なく、順調に乗っています。現在は、周回コースをメインに体を作りなおしているところです」



まだ速い時計ではありませんが、順調に乗り込みが進められています。
時間的な猶予がありませんが、もう一度アクシデントがあるとアウトに
なるだけに、このペースで着実に進めてもらいたいと思います。



レッドシャンデル、いよいよ入厩へ


11.06.10 

(ファンタストクラブ)
米田氏「明日の夜、こちらを発って12日(日)に函館入りということになります。今日は坂路を2本乗り、2本目に終い15秒くらいで乗りました。明日移動なので、もう速い稽古は必要ないですからね。それ以前の稽古では11秒台も出していますし、動きは良いですよ。ゲートの方も、昆先生からきつく言われているので、ポンと出るようにしつけてきました。ゲート内に長く入れることもしてきたし、うちでは何の問題もないので、競馬場でもスムーズに行ってくれるといいですね。気性はだいぶ大人になっていますし、能力さえ発揮できればおかしな競馬にはならないと思っているんです。見学に来た方の応援も多いですし、何とか頑張って欲しいですね」



いよいよ函館に再入厩です。
本数、時計的にも育成牧場での乗り込みとしては十分なレベルなので、
まずは無事に移動を終えること、そしてゲートに受かることですね。



2011/06/08

シルクバーニッシュ、終い1ハロン15秒まで進める


(2011-06-11)
北海道・坂東牧場で調整中です。ウォーキングマシンの運動50分、角馬場で
ウォーミングアップした後、屋内トラックと坂路コースを併用して、キャンター
3,500mの調教をつけられています。牧場スタッフは「先週末に終い1ハロンを
15秒で上がって来ました。上体を起こしながら乗っているため、やや頭の高い
走りに見えますが、競馬では全く問題無いと思いますよ」と話しています。



終い1ハロンだけではありますが、15秒のペースまで調教が強められて
います。着実に調教が強化できており、状態面での不安はなさそうです。

一休止したこともあり、夏の早い時期からデビューを狙っていくことには
ならないでしょうから、しっかりと基礎強化に努めてもらいたいですね。

パームアイランド、レース後コメント


阪神5R 3歳未勝利(牝) [芝1,800m・15頭]13着[8人気]

川田騎手「前走同様とても乗り易くて、良い感じで追走出来ていましたが、
3〜4コーナー辺りから息遣いが悪くなり、最後は喉がゴロゴロ言って
いました。調教師からは『直線に入ってから追い出す様に』と言われて
いましたが、あまりにも手応えが悪かったので早めに出していきましたけど、
さすがに厳しかったですね」

松田博師「もう少し絞れてくると思ったけど、2kgしか絞れなかったね。
乗り役の話ではDDSPの症状だと思うので、この後は少しでも改善できる
ように考えていきたいと思います」



最後止まってしまったのは喉の影響があったようですね。
DDSPであれば、舌を縛るなどの対処しながらレースを続けられるので
良いのですが。本格的な喉鳴りでないことを祈ります。

しかし、優先出走権を確保できなかったのは痛いですね~。
喉の状態と出走頭数を睨みながらの難しい調整が要求されそうです。






レッドシャンデル、入厩に向けてピッチをあげる


11.06.03 

(ファンタストクラブ)
米田氏「今月12日に函館入りの予定が立ちました。今週も火・金と坂路で時計を出していますが、火曜日は、3Fから ですが、最後は12秒台を切るタイムをマークしています。今日も半マイルからラスト1Fは13秒台を出していますし、ここにきてピッチを上げています。稽 古で尻尾を振ることがなくなりましたし、稽古が終ってからのテンションも以前より低いので、メンタル面の成長が感じられますね。火曜日にはゲートの確認も しましたが、全く問題ありませんでした。先生の指示の下、こちらでの調整は極めて順調。このまま良い状態で送り出したいですね。馬体重は502キロです」


入厩の日程が正式に決まり、調教のピッチが一段と上げられています。
3Fとは言え12秒台を切るような速い時計も出しており、状態面に関しては
全く不安なさそうですね。
課題の気性面とゲートも今のところは問題なさそうですし、このまま12日の
函館入厩まで無事に進むことを期待したいですね。

レッドシェリフ、膝の状態を見ながら進める

11.06.03 

(グリーンウッド)
マシン運動60分、ダク、キャンター2500m(ハロン18~20秒)。馬体重486キロ。
担当スタッフ「手術をした膝に熱感を持つこともありますが、調教を休むほどではありません。時間的な猶予も少ないので、状態を確認しながら進めていきます。今のところ、順調だと思います」


グリーンウッドでの乗り込みが進められています。
膝の状態が気になるところですが、コメントにもある通り時間的余裕が無い
状況ですので、なんとか上手く進めてもらいたいですね。

パームアイランド、出走情報


阪神5R 3歳未勝利(牝) (芝1,800m)
15頭 54kg 川田          発走12:10
デビュー戦を使われた反動も見られず、検討の結果、今週の出走を決めており、
調教師は「先週末に15-15をこなして、1日にCWで併せて追い切りました。ゴ
ール前がゴチャついていたのもあって、ビッシリとまではいかなかったけど、動
きもしっかりしていたし、余裕はあったと思います。前走は少し急仕上げの割に
は、見せ場十分の内容だったし、ひと叩きした上積みも見込めるので、今回はも
っと良い競馬をしてくれると思います。牝馬限定戦だし、前走以上を期待したい
ですね」と話しています。



予定通り阪神芝1800mの牝馬限定戦への出走が決まりました。
コメントを見ると、調教に若干狂いがあったようですが、余裕のある動きだった
とのことなので、大丈夫でしょう。
一叩きした効果に期待して、前走以上の着順を狙いたいですね。

パームアイランド、調教時計


(2011-06-01)
助 手1CW稍 84.9- 69.3- 54.7- 40.5- 13.0 追って一杯
バアゼルリバー(古1600万)一杯の内0.3秒遅れ



今週末の出走に向けて追い切りをかけています。
併せた相手は古馬の1600万クラスですので、遅れたこと自体は
問題ありません。
欲を言えば、最後1ハロンをもう少し頑張れれば、という感じですね。

パームアイランド、変わりなく調教をこなす


(2011-05-30)
CWコースでキャンターの調整で、28日に時計を出しています。調教師は
「変わりなく坂路でしっかり調教もこなしているし、状態を見て今週使うか
どうか決めたいと思っています。使った上積みもあると思うし、次走はもっと
やれそうだね」と話しており、今週日曜日の阪神・芝1,800m(牝)に出走を予定
しています。



順調に調教をこなしており、今週末に2戦目を迎えることになりそうです。
1800mは気持ち長いかなという気もしますが、前走と同距離の牝馬限定戦
ですので、妥当なレース選択ですね。