2010/11/30

タッチフォーゴールド09、遊離軟骨の除去手術


10.11.30 

(社台ファーム)
社台ファームのイヤリングから、調教を積む若駒たちが集う厩舎に移動してきたタッチフォーゴールド09。取材に訪れた日には、1時間のウォーキングマシンを行った後、馬場に入って40分ほどの乗り込みという調教メニューが施されていました。社台ファームの青田氏が、その現況を語ってくれます。

「立派な馬体の持ち主ですが、動きに柔らか味があって、素質の高さを感じさせてくれますね。大型馬ですし、ジックリと乗り込んでいく予定を立てています」

極めて順調に来ていたタッチフォーゴールド09ですが、11月下旬に行われた定期化骨検査で、両飛節にOCD(遊離軟骨)が判明し、近日中に除去手術が行われることになりました。社台ファームの長浜氏は、その症状について、こうコメントしています。

「患部に腫れがあるわけでもなく、歩様に乱れもありません。もちろん、手術によって競走能力に影響が出るわけでもありません」

3歳上の半兄タッチミーノット(父ダンスインザダーク)が、10月23日に東京競馬場で行われた1000万下南部特別に快勝するなど、明るい話題も多かったタッチフォーゴールド09。手術による休養をプラスに転じ、今後の大きな成長に繋げることを期待しましょう。



遊離軟骨の除去手術ですか…
競争能力に影響が出ることはないとのことなので一安心ですが、これから
乗り込み量を増やして基礎体力増強を、という時期だけにもったいないですね。
晩成傾向のある一族ですので、この小休止が成長を促す方向につながると
期待しましょう。

video
(Copyright@TOKYO THOROUGHBRED CLUB)



0 件のコメント:

コメントを投稿